duchmaus_lyrics

1.

森の覆われた小山の地下で

石の宝物は大地に属す

邪気デゥフマウスは山の宝を守っていた

人間どもは岩を掘っていて、石を欲しがっている

 

R;銀の町の邪気デゥフマウス

鉱夫の具を隠していた

銀の町の邪気デゥフマウス

鉱山に出でて消える

 

銀の町の邪気デゥフマウス

大地の王国を守っている

銀の町の邪気デゥフマウス

濡れている地下に住みかがあるんだ

 

2.

怒っていても許可する

鉱夫は山の奥を掘っている

時間がかかっても人は満足して出て来ると邪気が希望している

そうでないと永遠に憑かなければならない

 

R.

 

3.

人間どもは持てないはず物を欲しがっている

ストルジーブロの町が広がっている、塁壁が強がっている

低い姿は鉱山に出てくる

毎日鉱夫たちにその影が見られている

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中