プラハの面白い動物

アンナ・ヤルホフスカ

プラハといえば、誰もが歴史的建造物や車の渋滞やプラハの地下鉄などを心に浮かべます。しかしプラハは歴史的建造物や車だけではありません。プラハに関する面白い事実は、プラハには、面白い動物がたくさん住んでいることです。もちろん世界中の他の都市で動物が住んでいないというわけではないですが、プラハの動物は意外なところに住んでいます。

第一の面白い動物は鳩です。市庁舎からすると、鳩は大きい問題です。たくさんの鳩は史跡や有名なところに住んでいるので、このようなところはいつも鳩によって汚染されています。鳩を養うことは禁じられていても、鳩に餌をやっている人も多いです。理由は鳩は人間になれていて、手から餌を食べるからです。鳩は有害な鳥にもかかわらず、一緒にいる2匹の鳩を見ると何だか可愛い動物だと思うはずです。

2013-02-12 13.30.132013-02-12 13.30.13 

他の興味深い動物は、プラハに住んでいる馬です。もちろんプラハの馬は野生ではありません。馬が見える場所は主に二つあります。ひとつはプラハの有名な旧市街広場「Staroměstské náměstí」です。旧市街広場で待機している馬はお客様を待っていて、馬車を引いています。馬車を引いている馬は、もちろんプラハの繁華街のどこでも見えます。他の馬が見える場所は子供が乗馬するために設立した施設です。一番有名なのはトロイ島「Trojský ostrov」です。ここでは子供のポニーの他に、さまざまなプライベートのきれいな馬も見えます。

チェコの代表的な馬の種類について、一番有名なのはスターロクラドラブスキー馬「Staroklarubský kůň」 です。スターロクラドラブスキー馬は、白い毛をしている、大きい頭がある馬です。仕事のために品種改良された馬です。ときどき黒い毛のスターロクラドラブスキー馬も見られます。

第三の面白い動物は意外なことに兎です。プラハのどこで兎を見ることができると思いますか。昔に野原から住宅地に変えられた場所に見えます。そのような場所はたとえばプラハ市の南部にある墓地です。墓地というのは、言うまでもなく悲しいところですが、プラハ市南部の墓地に行くと、墓の中で遊んでいる兎が見えます。その兎のおかげで、墓地は少し明るくなっています。

2012-05-26 18.24.50 2012-05-26 18.24.50 (2)

もちろん、プラハに住んでいる動物はこの三種だけだというわけではありません。一番面白い動物はもちろんプラハ動物園で見えます。したがってプラハ動物園の動物はチェコに住んでいる動物だけではなくて、いろいろな国から輸入された様々な種類の動物がいます。

プラハの本当の動物を見たい場合、道を歩きながら周りを見なければなりません。そうすると、鳩や馬や兎などすごい動物が見られます。

 

(私はロボライオンに参加しています。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中