私の街 Šumperk

テレザ・ヴェルカー

Šumperkは、13世紀に成立したそうです。Šumperkという名前はドイツ語のSchönberg(きれいな山)から作られました。Šumperkは災害を何回も受けたと言われています。1513年と1669年に火災が起きて、1591年に洪水が起きたそうです。17世紀にはŠumperkとŠumperkの近隣で魔女狩りが行われていたそうです。魔女狩りとは、魔女または妖術を使う被疑者に対する裁判、あるいは法的手続を経ないで私刑することです。しかし政治的に嫌な人を訴追し、刑罰を加えることもありました。今ŠumperkにおけるGeschaderの家で魔女狩りについての展覧会が行われています。昔その家に魔女狩りの犠牲者が住んでいたと言われているからです。

Geschaderの家

Šumperkで、ひどいことばかりが起きているというわけではありません。Šumperkには美しい建物が何軒もあって、「小さいウィーン」というあだ名も持っています。理由は、19世紀にŠumperkに住んでいた裕福なビジネスマンが、自分の家の建設のために、ウィーンの有名な建築家をŠumperkに招待したことです。一番大切な建物の中の一つは19世紀の終わりに建てられた町の図書館です。もともとは個人の屋敷でしたが、1970年に図書館になりました。

町の図書館

他の大切な建物はVila Dorisという屋敷です。図書館と同じ時期に建てられました。1945年の後公立になって、現在は主に子供と若者たちのために利用されています。その目的で、1955年に夏の劇場も設立されたのです。

Vila Doris

面白い点は、Šumperkと関係がある有名人が二人います。一人目は五輪のスキーの選手のAles Valentaです。彼は1973年にŠumperkで生まれました。まず、1998年に長野における冬のオリンピックで4位になって、ソルト・レイク・シティーで行われた2002年の冬のオリンピックで金メダルを取りました。2007の5月に健康の問題のため、プロ・スポーツマンとしての生活を辞めました。

Aleš Valenta
二人目はJan Zajicです。 Jan Zajíc はŠumperkの工業高校を卒業しました。1969年の2月にJan Palachと同じようにソ連の占領に抗議して、プラハのヴァーツラフ広場で焼身自殺しました。

Jan Zajíc

広告

私の街 Sušice (スシツェ)

ブルズロヴァー・カテリナ



私にとって一生忘れられない町は、チェコの西南にある国立公園Šumavaの門とも呼ばれているSušiceである。Sušiceといえば、世界に輸出されていた有名なSOLO工場のマッチを思い出すチェコ人はまだ多いと思う。残念ながら、世界ではマッチの使用量がだんだん減少してきた。その結果、SOLO の工場は別の会社に売られてしまった。そして工場がインドに移動させられて、Sušiceの知名度が低くなってしまった。そういった背景から、Sušice の他の魅力について述べていきたい。

私はこの小さくて素敵な町に生まれ育ち、20年も暮らしていた。プラハに来て初めてSušiceを囲んでいる 静かな自然が恋しくなり、改めてSušiceのいいところに気付いた。例えば、雨が比較的少ないところ、プラハとは違うゆとりのある生活ができるところ、 頻繁に知り合いに会えるところなどである。また、町が小さいためにどこへ行っても思い出の場所をたくさん通り、懐かしくなるというところだ。
Sušiceは小さい町のわりには、できることがたくさんある。その中から、いくつかのことを三つのグループに分け、紹介したい。

スポーツ
Sušice に来る人の大多数はアクティブな休暇を過ごすために来る。夏には綺麗な川を下るカヤックがよく見られる。川沿いには広い公園があり、ジョギングやサイクリ ングやインラインスケートなどもできる。また、色々なアトラクションが開かれて、中にはアスレチック施設が例として挙げられる。サッカーやテニスやサイク リングの色々な大会は、参加者の立場からでも見る側からでも楽しめる。冬には雪がたくさん降るので、Sušiceの周りのゲレンデでスキーやスノーボード などの雪遊びができる。

リラックス
たくさん運動した後には、Sušiceに新しくできたプールのリラックスゾーンで体を休ませ る。Sušiceのプールにはヨーロッパにでも珍しい機能が設置されていて、注目を集めている。それはカヤックの冬場のトレーニングに便利な水の逆流機能 である。そのおかげでカヤックに乗っている人は一生懸命漕いでも水の上で同じ場所で泳げる。美味しい料理が食べたいなら、Sušiceのすぐとなりにある山の上には地元の人たちに有名なレストランがあり、この山からの町の眺めは必見である。

5 6

カルチャー
Sušiceの若者の間にロックバンドを結成することが流行になっているので、コンサートやライブの数が相当多い。町の周りにはお城がいくつかあり、見学のほかに夏になったらお城の中で劇やコンサートといった様々なパフォーマンスが見られる。