王の道

ダヴィド・レザツキ

王の道は、元の王宮、現在のObecni dumからプラハ城の聖ヴィート大聖堂までつながっています。この道は1432年から1836年まで、王様になる王子や王位継承権を持っている人が歩んだ道でした。王様になる王子を王の行進が大聖堂まで連れていきました。

王の道1

王宮から出発してすぐ後、火薬塔を通ってCeletnáに進みました。昔、火薬塔は王宮を敵から守っていました。けれど後に火薬の倉庫として利用されて、火薬塔という名前が付けられました。

Celetnáを通って、旧市街広場に着きました。現在は広場にヤン・フスの像が見えます。ヤン・フスは貧しい人のための説教者で、王様や法王などに反対する教示を述べていました。そのため処刑されました。ですがヤン・フスの意志は引き継がれて、フス派の革命に至りました。

王の道2

旧市街で見える他の面白いものは天文時計です。毎時キリストの使徒の像が出ています。

旧市街から王の行進はKlementinum に移動していきます。Klementinum は知恵の宝庫であり、国立図書館、天文学、気象学といった科学と関係があることの中心でした。現在Klementinumには国立図書館があります。おかげで知恵の宝庫の名に載り続けています。

王の道3

そこから、王の行進はカレル橋を渡ります。カレル橋は1357年にカレル四世によって建てられました。橋には宗教的な像がいっぱいあって、一番有名なのはヤン・ネポムツキーの像です。うわさによると、彼は王様と議論して、責められて、橋から落とされました。何について、また、なぜけんかになったのかは不明です。今日では、ネポムツキーが落とされたといわれる場所に、皆が記念に触る小さい十字架があります。

王の道4

橋を渡った後で、王子とその王の行進が坂を登って、プラハ城の城門に着いて、大聖堂で戴冠式が行われました。大聖堂はヴァーツラブ一世によって建設されました。聖ヴィート大聖堂は国宝と前の王様、たとえばカレル4世やヴァーツラブ4世などの遺体を保存しています。

王の道5

王の道は、美しい建物や長い歴史を、一つの忘れられないドキドキさせる経験にまとめています。したがって、王の道は誰でもにできるお勧めです。いつかプラハに来たら、ぜひ見に行ってくれてください。

広告

プラハの面白い動物

アンナ・ヤルホフスカ

プラハといえば、誰もが歴史的建造物や車の渋滞やプラハの地下鉄などを心に浮かべます。しかしプラハは歴史的建造物や車だけではありません。プラハに関する面白い事実は、プラハには、面白い動物がたくさん住んでいることです。もちろん世界中の他の都市で動物が住んでいないというわけではないですが、プラハの動物は意外なところに住んでいます。

第一の面白い動物は鳩です。市庁舎からすると、鳩は大きい問題です。たくさんの鳩は史跡や有名なところに住んでいるので、このようなところはいつも鳩によって汚染されています。鳩を養うことは禁じられていても、鳩に餌をやっている人も多いです。理由は鳩は人間になれていて、手から餌を食べるからです。鳩は有害な鳥にもかかわらず、一緒にいる2匹の鳩を見ると何だか可愛い動物だと思うはずです。

2013-02-12 13.30.132013-02-12 13.30.13 

他の興味深い動物は、プラハに住んでいる馬です。もちろんプラハの馬は野生ではありません。馬が見える場所は主に二つあります。ひとつはプラハの有名な旧市街広場「Staroměstské náměstí」です。旧市街広場で待機している馬はお客様を待っていて、馬車を引いています。馬車を引いている馬は、もちろんプラハの繁華街のどこでも見えます。他の馬が見える場所は子供が乗馬するために設立した施設です。一番有名なのはトロイ島「Trojský ostrov」です。ここでは子供のポニーの他に、さまざまなプライベートのきれいな馬も見えます。

チェコの代表的な馬の種類について、一番有名なのはスターロクラドラブスキー馬「Staroklarubský kůň」 です。スターロクラドラブスキー馬は、白い毛をしている、大きい頭がある馬です。仕事のために品種改良された馬です。ときどき黒い毛のスターロクラドラブスキー馬も見られます。

第三の面白い動物は意外なことに兎です。プラハのどこで兎を見ることができると思いますか。昔に野原から住宅地に変えられた場所に見えます。そのような場所はたとえばプラハ市の南部にある墓地です。墓地というのは、言うまでもなく悲しいところですが、プラハ市南部の墓地に行くと、墓の中で遊んでいる兎が見えます。その兎のおかげで、墓地は少し明るくなっています。

2012-05-26 18.24.50 2012-05-26 18.24.50 (2)

もちろん、プラハに住んでいる動物はこの三種だけだというわけではありません。一番面白い動物はもちろんプラハ動物園で見えます。したがってプラハ動物園の動物はチェコに住んでいる動物だけではなくて、いろいろな国から輸入された様々な種類の動物がいます。

プラハの本当の動物を見たい場合、道を歩きながら周りを見なければなりません。そうすると、鳩や馬や兎などすごい動物が見られます。

 

(私はロボライオンに参加しています。)

最初の映画館

アデーラ・ギブロヴァー

「ポンレポ」という現代の映画館

NFA: archivní promítací sí PONREPO

プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。ポンレポの映画館の非凡さは、面白い古い映画を上映していることだ。時々日本の映画も見ることができる。長い歴史がある映画館の建物は、とてもいい雰囲気だし、切符も安いし、お年寄りと学生の切符の値段はさらに安い。ここに映画を見に行くのはいい経験だと思うので、ぜひお勧めする。

ヴィクトル・ポンレポ (Viktor Ponrepo)

ヴィクトル・ポンレポ

ヴィクトル・ポンレポは、本名ヂスマス・フェルヂナンヅ・シラボル、1858年6月6日にプラハで生まれた。彼は最初のチェコスロヴァキアの映画館を作り、チェコの映画撮影術の草分けだと言われている。

ヴィクトル・ポンレポは高校生の時、家風のとおりに金細工職人の修業をしていたが、高校を卒業したあとで、魔術師になった。魔術師の試験はハインリフ・グツワルヅ(Heinrich Gutwald)ですることができた。

役所から認可を取って、そのあと色々な町や村里へ旅して、自分の手品を披露して、すぐに人気がでた。しかし、彼は自分の名前が魔術師としては悪いと思っていたので、新しい名前を作ることにした。


「Bon Repos」という好きな城にちなんで「Ponrepo」の名前を選んだ。彼の移動劇場の名前も変わっていた。「ポンレポのマジックと幽霊やお化けが出る劇場」という劇場だった。

ポンレポは1891年に行われていた展覧会で紹介されていたエジソンの蓄音機を見てから、その機械を使いはじめた。数年後、ポンレポの競争相手ヤン・クジ一ジェネツキ一(Jan Kříženecký)が映写機を買ったので、ポンレポは映写機に興味を持つようになった。

映写機

ポンレポは間もなく魔術師として手品を披露することをやめた。代わりに、自分の移動の映画館を作った。プラハでは、当時、映画館を営むことが承認されていなかったから、また国中を旅した。

成功した映画は、例えばアフリカのブ一ルの戦争に関するドキュメンタリーや「Souboj paniček amerických」という映画などだった。

1901年に彼は数日間でプラハのKrálovské Vinohradyでのフィルム映写の認可を取った。2年あとにHolešoviceでも人々に映画を見せることができた。それに、1907年に9月15日にはチェコスロヴァキアの最初の映画館を開いた。これこそが、現代でもKarlova uliceに残るポンレポという映画館である。

その時に新しくできた映画館は56の座席があって、金曜日を除いて毎日上映していた。ポンレポの弟は観客に映画を紹介して、上映の途中で筋書きの説明をしていた。音声には蓄音機が使われていた。後で、ピアニストとバイオリニストが雇われた。ポンレポは観客を迎え入れていた。しかし、観客が次第に増えていて、全員を迎え入れることは無理になったので、ポンレポは短い映画を作った。その映画はポンレポが全部の観客を迎え入れることが出来た。

1908年ごろ、批評家は映画が人々に悪い影響を与えると思っていた。子供は映画を見られないし、検閲があるし、映画に興味を持っている人々は少なくなった。その状況に対して、ポンレポは映写の装備の店と映画レンタル店を作った。あいにく、成功しなかった。

1912年にポンレポは映画館の経営者のクラブの会長になった。しかし、第一次世界大戦のためにほとんどの経営者は自分の映画館を閉めた。

戦争が終わって、映画はまた人気が出てきたが、20年代に他の経済恐慌が来た。その時には、ポンレポは自分の映画館を売って、もう一同魔術師になろうとした。残念なことに、社会が変わっていたので、魔術師としてお金を稼ぐのは大変なことだった。1926年12月6日にヴィクトル・ポンレポは貧困の中で亡くなった。

 

(私はロボライオンに参加しています。)

スペインのシナゴーグ

ヤルカ・スーヴォヴァ―

Spanish_Synagogue

スペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。しかし、1850年までに「ユダヤの街」とか「ユダヤゲットー」と呼ばれています。たくさんのユダヤ人が住んでいましたから。でも、1850年にプラハの一部となり、チェコ人が好きだった皇帝のヨゼフ2世によるとヨゼフォヴという区になりました。19世紀のおわりにヨゼフォヴは再建されて、シナゴーグは少なくなって、古いユダヤの墓地だけが残りました。

スペインのシナゴーグは建築家のヴォイチエフ・イグナーツ・ウルマン(Vojtěch Ignác Ullman)とヨゼフ・ニクラス(Josef Niklas)のプロジェクトによって建てられました。内部の飾りは、建築家アントニーン・バウム(Antonín Baum)とベドジフ・ミンツベルゲル(Bedřich Münzeberger)によるものです。でも、インテリアの飾りは1893年に出来上がりました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、スペインのシナゴーグは、どうして「スペインの」と呼ばれているのでしょうか? 多くの人は、このシナゴーグがスペインから来たユダヤ人によって建てられたからだと思いました。スペインのシナゴーグのインテリアの飾りはアラブの飾りに似ていて、スペインの建築はアラブの建築の影響を受けています。それで、多くの人はスペインのシナゴーグはスペインのユダヤ人によって建てられたと思いました。でも、実は当時、ヨーロッパのユダヤのディアスポラ(国際のユダヤ人のコミュニティ)の間でその建築が人気がありましたから、スペインのシナゴーグはこのスタイルで建てられました。

第二次世界大戦のときに、大方のチェコのユダヤ人は強制収容所に送られて、ヨゼフォヴはがらんとなりました。それで、ナチスはスペインのシナゴーグをユダヤ人に取られた物の倉庫に使いました。残念なことに、たくさんのチェコのユダヤ人は戦争のあいだに殺されてしまいました。これらのユダヤ人の私有物はユダヤの博物館のものになりました。

1958年から1959年までスペインのシナゴーグは再建されましたが、70年代に荒れ果てて、閉められました。でも、90年代に再建が始まって、1994年に再開されました。

いま、ユダヤ人はスペインのシナゴーグをユダヤ教の会堂に使います。でも、それだけではなくて、ユダヤの博物館でもあり、普通の人も入ることができます。ユダヤの博物館の観光には300コロナがかかりますが、スペインのシナゴーグは素晴らしい建物だと思います。でも、ユダヤの博物館はスペインのシナゴーグだけではなくて、たくさん他のシナゴーグや、古いユダヤの墓地の観光もできます。

ユダヤの博物館には、40,000点の所蔵品と100,000冊の本があり、それはチェコとモラビアから来た物です。また、チェコのユダヤ人の生活や歴史や重要な事件や有名な人(作家、研究者、政治家など)を紹介しています。

スペインのシナゴーグのあたりに、有名な作家のフランツ・カフカ(Franz Kafka)の公園とモニュメントがあります。

(私はロボライオンに参加しています。)