Kutná Hora クトナー・ホラ

ダヴィド・ムラーチェク

クトナー・ホラは中央ボヘミア州の東の地域にあり、町の歴史的な中央がユネスコの世界文化遺産に指定された。プラハから電車で一時間ぐらいで行けるし、様々な綺麗な教会も見られるので、プラハなどに泊まれば、日帰り旅行に良い場所だと思う。

町は昔から銀の採掘に関わっている。それで町の名前もkutatというチェコ語の言葉「採掘する」に由来している。採掘が10世紀ぐらい始まり、13世紀末にヨーロッパで採掘されていた銀の量の1/3を占めていた。その時にクトナー・ホラはボヘミアの王ヴァーツラフ2世の決まりによってプラハのグロショという銀貨が鋳造されている場所になった。そして次の世紀にクトナー・ホラに世界で一番深い500メートルの鉱山があった。しかし時間が経つにしたがい、銀の量がなくなってきたので、銀の採掘が18世紀に終わったのだ。

町の西方に聳えている教会は聖バルボラ教会だ。場所は電車の駅から遠いが、駅から出ているバスが教会の近くに停まる。14世紀に教会の建造が始められ、1556年に建築が終わったが、戦争の時ダメージを受け、火事にも遭ったので、今の教会の外部は1906年に再建された。教会の奥が観光できるだけではなく、そこで折々クラシック音楽の演奏も聴くことができる。

聖バルボラ教会

教会のすぐ近くにイエズス修道学校があり、現在その場所が中央ボヘミア州の美術館として使用されている。なお、そこから5分歩くと、フラーデクという場所に着く。それは銀の博物館で、そこに中世の坑道も見学できる。

ここを少し離れて、イタリア宮殿という場所がある。昔の時はそこでプラハのグロショが鋳造されていて、またチェコの王ヴァーツラフ4世の宮殿であったが、今は鋳造の歴史の博物館という場所で、偶にそこで結婚式が行われているそうだ。なぜ場所の名前にイタリアがついているかというと、そこで銀貨を鋳造している人たちはイタリアのフィレンツェからの人だったからだ。

イタリア宮殿

東の方に行くと、セドレツというの町の地区に着く。そこには1142年に建てられた聖母マリア修道院教会がある。チェコでは一番古いシター会の教会だ。

聖母マリア修道院教会

その教会を出て、少し歩くと全聖人の墓地教会と納骨堂という場所に来る。昔、教会の周りでペストや戦争で死んだ人が4万体以上埋められた。15世紀には、墓地に埋められた人の骨は教会に置いてあって、教会の神父は骨を積み上げ、骨のピラミッドを作ったそうだ。とはいえ、現在の骨の装飾は芸術家によって作られた。この教会では骨から作られたシャンデリアも見られる。

納骨堂OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クトナー・ホラは特に歴史が好きな人にとっておすすめだが、誰でも楽しめる場所だと思う。

広告

どうやって古いボヘミアのお金はドルになりましたか

トマーシュ・ゲツコ

古くはヨーロッパのお金は、銀と金から作られていました。中世や近世にヨーロッパ大陸でお金が主に銀から作られました. 「銀本位制」と呼ばれて、現代まで使われました。現代に入って「銀本位制」は「金本位制」に変わりました。

ドイツで使われていた銀貨は「Thaler通貨」と呼ばれました。そしてアメリカの通貨「ドル」の名前はその「Thaler銀貨」から来ています。面白いのはその「Thaler銀貨」は古いボヘミアのお金でした。

中世のボヘミア王国にはたくさん銀の鉱山がありました。たとえば1300年ごろのボヘミアの「Groš銀貨」がヨーロッパで評価されました。そのためボヘミア王国はとても有名でした。ヨーロッパの政治で強い地位を持つようになりました。豊かなボヘミアの王様はカレル四世の時代(1346年から年1378まで)から神聖ローマ帝国の皇帝でした。

そして1520年にボヘミアのJoachimsthalという町で新しい銀のお金が作られました。ヨーロッパでは「Joachimsthal銀貨」と呼ばれました。1528年に「Joachimsthal銀貨」はボヘミア国家のお金になりました。その名前を短くして「Thal銀貨」になりました。Joachimsthalは、今日のチェコのJáchymovという町です。Karlovy Varyの近くです。

image001Jáchymov 

また「Joachimsthal」の名前は面白い意味があります。十六世紀のボヘミア王国には、たくさんのドイツ人が住んでいて、Joachimsthalはドイツ語で「Joachimの谷」です。今もドイツ語で「Tal」は谷です。「Thal銀貨」を翻訳すると「谷の銀貨」ですから。

image002

古いボヘミアの「Thal銀貨」

すぐに新しい「Thal銀貨」はとても有名になりました。十六世紀から「Thaler」はドイツで銀貨の同義語でした。でもボヘミアに住んでいるチェコ人は「Thal」で買うとき「Thaler」の言葉を使いませんでした。代わりにチェコ人はそのお金を「Tolar」と呼んでいました。「Thaler」と「Tolar」の音は面白くて覚えやすいから、その名前がたくさん使われました。十六世紀の後半にすべてヨーロッパの銀貨は「Thaler銀貨・Tolar銀貨」と呼ばれました。たとえばスロベニアのお金は2007年まで「スロベニアのTolar」でした。でもドイツ語の「Thaler」はドルのためにもっと重要でした。

オランダ人も「Thaler銀貨」を使いましたが名前がちょっと変わりました。ドイツ語の「Thaler」は「Daalder」に変わりました。十七世紀に北米の植民地でお金が必要でした。イギリスは北米へのお金の輸出を禁止して、オランダ人は「Daalder」を輸出しました。

image003

オランダDaadler銀貨

北米に住んでいるイギリス人によって、そのお金は「Dollar」と呼ばれました。1775年から1783年までアメリカ独立戦争がありました。十三の植民地が勝って新しいお金が必要でした。「Dollar」はとても人気のあるお金でしたから、1795年に銀の「Dollar」が作られました。日本語でドルです。今は世界で約四十か国がドルを使っています。